知覧町

800px-Chiran_Fumoto_01

知覧町(ちらんちょう)は、鹿児島県薩摩半島の南部中央にあった町で、川辺郡に属していた。
武家屋敷が残っており、「薩摩の小京都」と呼ばれる。
2007年12月1日、川辺郡川辺町、揖宿郡頴娃町と合併して南九州市となった。

In the town that was in the southern center of the Satsuma Peninsula, Kagoshima Prefecture, Chiran-cho (Chiran-cho) is belonged to riverside county.
Samurai residence is left, it is called “Little Kyoto Satsuma”.
December 1, 2007, became the southern Kyushu City, merged riverside county riverside town, the Ibusuki County EI town.